【ゼクシイのCM】結婚しなくても確かに幸せな時代だけど……という話

70億人が暮らすこの星で結ばれる

珍しいことではなくても奇跡だと思った

結婚しなくても幸せになれるこの時代にわたしは

あなたと結婚したいのです

 



この言葉は2017年のゼクシイのCMで用いられているコピーである。

はじめてこちらのCMを見たとき、「ハッ」とした。

“なんて素晴らしいCMなんだ”と。

 

映像はイギリスのロックバンドThe ZombiesのThis Will Be Our Yearの曲と共に 幸せそうな花婿と花嫁がたくさんの風船に捕まりながら、都会の空を飛んでいくというシンプルなもの。

わりと普通な印象の映像だがそこにコピーの力が発揮され、爆発的にCMとしての質を高めている。

さらに、セリフを読む起伏のない女性の声がコピーの印象力を増幅させている。

 

ネットの書き込みなどを読む限り、こちらのCMは高評価のようで、

ラジオでもパーソナリティが話していたくらい話題にもなっている。

 

ではなぜ、今回のゼクシイのCMが、いまの時代の人の胸に刺さっているのか。

 

1、2年前ぐらい前から「パリピ」という言葉をよく耳にする。

この言葉はいまの時代を象徴している。キラキラとしたゴージャスな生活を求め、それを実行している人たち。そんなパリピたちは「イエーイ!楽しい!」とワッキャワッキャする。

「楽しい」というは本心なのだろうけど、どこかに「楽しい自分を演じなきゃ」という自己暗示が含まれている気がする。

現代、その自己暗示のせいで心のそこから思える楽しさや、幸せが埋没している。

これは、みんなが感じている楽しいという感情は真実ではないが嘘でもないということを意味している。いまのままでも十分に楽しいのだ。

結婚しなくても幸せになれるこの時代”という言葉はまさにその状態を言い当ており、冷静に納得させられる。

 

コピーは中盤までこうした気持ちや時代を肯定するでもなく、否定もしていない。ただ俯瞰して、ありのままの状態を述べている。

コピーを聞いている人はその言葉に一旦は共感する。

でも、最後の最後で「……とまあ、御託はいいや。好きです!結婚しよう!」

と圧倒的感情論をぶち撒けられる。

冷静ぶって共感していたのに、急に心めがけて熱い感情の言葉がガツーンがやってくる。

フローチャートで表すとこんな感じ。

 

 

頭での共感→心での驚愕→心での共感

 

このコピーの構造がパリピや頭でわかっている気になっている現代の人たちに響き、話題となったのではないだろうか。

ソール・ライター展

先日、渋谷のBunkamuraで開催されていた「ソール・ライター展」に行った。

ソール・ライター(1923年12月03日-2013年11月26日)はアメリカの写真家だ。

モノクロ写真が写真としての威厳を保ち、カラー写真がまだプロの写真家達から軽視されていた時代。そんな中、ライターはカラーフィルムによる写真を積極的に撮っていく。

 

ライターの代表的な写真集に『Early Color』というものがある。

直訳すると「早い色」だ。タイトルが示す通り、ライターはその時代、まだカラー写真が確立されていないときから、いち早くカラーフィルムでシャッターを切った。

「カラーなんて本物の写真じゃないよ」と気取った保守的写真家達から遠巻きに思われながらもライターはカラー写真を撮り続けた。

 

『Early Color』に収められている写真は1940年代から50年代に撮影されたものだという。そして、この写真集が出版されたのは2006年である。ライター、このとき83歳である。

おおよそ半世紀の月日を経て、ようやく日の出を見ることになった写真は何の変哲も無い日常でありながらも、まるで映画のワンシーンのようにどれもドラマチックな印象を孕んでいる。

きっと写真の良し悪しがわからない人(わたしも含め)が見ても"うわっ……かっこいい……"と思うことだろう。

くどいようだが、『Early Color』とは「早い色」という意味だ。

しかし、言葉の裏側に「早すぎたカラー写真」という意味が含んでいるのではないかと思う。

そして、いま時代がようやくライターの写真に追いついてきたのだと。

 

そもそも、なぜライターはカラー写真を撮り続けたのか。

元々は売れない画家だったライター。水彩絵の絵の具を用いた色彩豊かな絵画を描き続けた。画家にとって色は表現する上で重要な要素。そこで身につけた色彩感覚が写真家としてのライターの作品に大きな影響を与えたに違いない。

 

ライターは自分を売り込んだり、自分の作品を語るのが大嫌いな人物だったという。

(ライターを追ったドキュメンタリー映画があるので、そこで何を語っているのかとても興味深い)

このような部分はとても好感が持てる。

 

最後にライターが残した言葉の中で、特に印象が残っている言葉を引用する。

 

「私が写真を撮るのは自宅の周辺だ。神秘的なことは馴染み深い場所で起きていると思っている。なにも、世界の裏側までいく必要はないんだ」